体温を上げて代謝をアップ!内臓から温めて疲れにくい身体に

最近、寒くて仕方ない「冷え性」の女性が増えています。知らないうちにヒートテックやババシャツを着込んでいませんか。

 

寒がり

 

また、冷えには、体の表面が冷えている「冷え」と、体の内部が冷えている「低体温」があります。

 

冷えは、体の表面が冷えているので自覚症状がありますが、低体温の人は自分が冷えていることに気づかず、知らず知らず「冷えからくる不調」に悩まされます。

 

なかなか赤ちゃんができないと言う女性も、低体温の人が多かったりします。

 

「冷えがもたらす不妊症 原因と対策」についてはこちらでご紹介しています。

 

冷えや低体温は、若い女性から更年期の女性までたくさんの女性の悩みでもあります。

1年を通して足先が冷たい・お腹が冷える

夏でも足先が冷た〜いなんてことがありませんか?1年を通して冷えていませんか?

 

昔の人の平均体温が36.8℃に対して、現代人の平均体温は36.2℃と言われています。

 

昔に比べて平熱が0.7℃も下がっており、低体温の人は増加の傾向にあります。

 

暖房や冷房が完備され、あまり汗をかく機会が減ったと言うのも1つの原因です。

 

また、内臓から冷えている「隠れ冷え性」もそうですね。

 

低体温の定義は色々がありますが、一般的には、平熱が36.4度以下、35度台のことをさします。

 

平熱が低い

 

健康な一般の体温は、36度〜37度と言われていますが、36.5度以上が望ましく、37度と言うと微熱があると思いがちですが、それが理想的な体温だったりします。

低体温を改善すると良くなる病気がある

実は、低体温を改善すると快方に向かう病気や不定愁訴は、たくさんあります。
低体温は、「隠れ冷え症」ともよばれ、これにより色々な悩みを抱えることになります。

 

リンパの流れが悪く、むくみやすい

代謝が悪く、すぐに太ってしまう

体がだるく、疲れが取れない

朝起きるのがツライ

何をするのも億劫

お肌があれる・お肌がくすんでいる

化粧のノリが悪い

原因の分からない膀胱炎を繰り返す

手足が冷えて眠れない

便秘や下痢を繰り返す

風邪をひきやすい

冷えがひどくて妊娠しづらい身体と言われた

 

特に、むくみや肥満は、低体温により代謝が悪くなることでも起こります。逆に、代謝を良くすることはダイエットにも繋がります。

 

また、低体温の人は、血行が悪くなるため、肌荒れを起こしやすく、お化粧のノリも悪くなります。

 

低体温による肌荒れ

 

低体温の人が体温を1℃上げる基礎代謝が13%アップし、免疫力が5〜6倍になると言う報告があります。

 

また、基礎代謝が13%下がると言うことは、成人女性の1日の平均基礎代謝が約1200カロリーなので、156キロカロリーも代謝が落ちる計算になります。

 

156キロカロリーは、ウォーキングにすると1時間で消費するカロリーになります。

 

ウォーキング

 

冬は寒さで、夏は冷房で、体は年間を通して冷えています。

 

このような冷えには、内臓の温度を上げ、身体の内部から体温を上げたいですね。

では、どうしたら体内温度をあげられるの?

内臓の温度を上げて、体の芯から体温を上げるには、体内の「めぐり」を良くすることです。

 

昔から、冷えやのぼせ(体は冷えているのに頭だけ熱い)は血の道の滞りと言われて、更年期の女性には「命の母」など血の巡りを良くする薬があります。

 

でも、20代や30代で更年期はまだまだ早すぎます。

 

それでも、更年期と同じように、「めぐり」が悪くなっている人は、まずは、生活習慣や食事などを見直すと良いですね。

体温を上げる食品

体温を上げると言われる代表的な食品に、「生姜」や「唐辛子」があります。

 

しかし、唐辛子は一時的に体温をあげることは可能ですが、それを持続させる食品ではありません。

 

体温を上げる食品

 

生姜も体を温めると言われる食品です。

 

しかし、生の生姜には消化機能を良くする働きがあり一時的に体の温感を上げる働きがありますが、体を温めると言うことはありません。

 

「ジンゲロール」と言う成分が多く含まれているため、熱を放出する働きがあり、かえって体を冷やすことにつながります。

 

生姜が体を温めるのは、生姜を加熱したり乾燥させたりすると出てくる成分「ショウガオール」を摂取したときになります。

 

体を温める目的でショウガを摂る場合は、「乾燥した生姜(しょうが)」を摂るのがポイントです。

 

ショウガで身体を温めたい方は、「ショウガオール」たっぷりのサプリメントが向いています。

サプリメントでめぐりを良くしたい

生活習慣と食事で体温をあげることは可能ですが、忙しい人や三食しっかり食事を摂れない人は、サプリメントで補うのも選択肢の1つです。

 

おススメは、生薬由来。

 

生薬とは、体力や気力を充実させ、心身ともに内から元気にしてくれる滋養強壮薬です。

 

それぞれの薬効を良く研究し、適切に組み合わせることで最大限に効果を引き出します。

ユンケルでおなじみの佐藤製薬「美健知箋(びけんちせん)」

生薬で体の巡りを良くするなら、佐藤製薬の「美健知箋(びけんちせん)」があります。

 

佐藤製薬社の「美健知箋」

 

成分は・・

  • しょうが
  • ポリフェノール
  • レスペラトロール
  • 高麗人参
  • 無臭にんにく
  • ビタミンB1
  • ビタミンB2
  • ビタミンB6
  • ビタミンB12
  • 黒胡椒
  • ビール酵母
  • クエン酸
  • 葉酸
  • です。

     

    特に、老化物質に対抗する抗酸化物質「ポリフェノール」では、スーパーポリフェノールと言われる「レスペラトロール」が含まれています。

     

    これらの有効成分は量が多ければ多いほど良いわけではなく、成分がお互いの働きを助け合い、相乗効果を発揮できるよう上手な配合が必要です。

     

    「美健知箋(びけんちせん)」は、成分の組み合わせや製造過程において長い歴史があるからこそ誕生した製品です。

     

    冷え性さんの中でも、疲れた顔をしている、顔色が冴えない人には特におススメです。

    ユンケルの様々な成分

    佐藤製薬は、生薬研究では90年の実績があり、滋養強壮剤で有名な「ユンケル」を開発した製薬会社です。

     

    ユンケルは、お疲れ度マックスの肉体労働者は誰でも一度は飲んだことがあるほどそのパワーは信頼されています。

     

    ユンケルの生薬成分

     

    そのユンケルには、33種類の生薬が含まれていて、お疲れ度により生薬の含有量が変わってきます。お疲れ度が高いほど、生薬の種類や含有量が多くなります。

     

    33種類の生薬

    高麗人参・ポリフェノール

    ポリフェノールはアンチエイジングに効果的とも言われています。40代、50代の更年期世代こそ、不調を緩和するには「体のめぐり」をよくすること。

     

    また、若い人でも血行の悪い人、身体が冷えて妊娠しづらい人、若年性更年期のような症状がある方には、年齢を問わず摂りたい成分ですね。

     

    サプリメントは、長年の実績のある製薬会社のものが安心です。

    体温(平熱)が上がると・・

    体温が上がった!と言う方の口コミです。

  • 足のむくみが軽くなって足が細くなった
  • フローリングの床なのに靴下を履かなくても平気になった
  • 足が冷えてなかなか寝付けなかったけど、スゥッと眠れるように
  • 夜中にトイレに起きることなく朝までぐっすり
  • お肌の調子が良くなった
  • 寒がりではなくなった
  • 肩こりが楽になった
  • 体内を温め「巡り力」を高めるサプリメント