体温を上げて代謝をアップ!内臓から温めて太りにくい身体に

最近、寒くて仕方ない「寒がり屋さん」が増えています。

特に冬は重ね着をしてもちょっとも温かくならなくて、ヒートテックやババシャツを着こんでしまう、

また、ホカロンやホッカイロなどの貼るカイロや湯たんぽなどが手放せない女性は要注意ですね。

samugari01.jpg

夏でも足先が冷た~いなんてことがありませんか?

現在社会では、低体温の人が増加の傾向にあります。

暖房や冷房が完備され、あまり汗をかく機会が減ったと言うのも1つの原因です。

また、内臓から冷えている「隠れ冷え性」もそうですね。

低体温の定義は、色々説がありますが、一般的には、平熱が36.4度以下、35度台のことをさします。

taion.JPG

健康な一般の体温は、36度~37度と言われていますが、36.5度以上が望ましく、37度と言うと微熱があると思いがちですが、それが理想的な体温だったりします。

低体温を改善すると良くなる病気がある

実は、低体温を改善すると快方に向かう病気や不定愁訴は、たくさんあります。

低体温は、「隠れ冷え症」ともよばれ、これにより色々な悩みを抱えることになります。

●リンパの流れが悪く、むくみやすい
●代謝が悪く、すぐに太ってしまう
●体がだるく、疲れが取れない
●朝起きるのがツライ
●お肌があれる・お肌がくすんでいる
●原因の分からない膀胱炎を繰り返す
●手足が冷えて眠れない
●便秘や下痢を繰り返す
●冷えがひどくて妊娠しづらい身体と言われた

特に、むくみや肥満は、低体温により代謝が悪くなることで起こります。

逆に、代謝を良くすることはダイエットに繋がります。

また、低体温の人は、血行が悪くなるため、肌荒れを起こしやすくなります。

hadaare.jpg

冬は寒さで、夏は冷房で、体は年間を通して冷えています。

こんな冷えには、内臓の温度を上げ、身体の内部から体温を上げると良いですね。

では、どうしたら体内温度をあげられるの?

内臓の温度を上げて、体の芯から体温を上げるには、「めぐり」を良くすることです。

昔から、冷えやのぼせ(体は冷えているのに頭だけ熱い)は血の道の滞りと言われて、更年期の女性には「命の母」など血の巡りを良くする薬があります。

でも、20代や30代で更年期はまだまだ早すぎます。

それでも、更年期と同じように、「めぐり」が悪くなっている人は、生活習慣や食事などに気を付けるだけで、改善することもあるんですよね。

体温を上げる食品

体温を上げると言われる代表的な食品は、「生姜」や「唐辛子」がありますね。

shoga.jpg

生の生姜には、消化機能を良くする働きがあり、一時的に体の温感を上げる働きがありますが、体を温めると言うことはありません

生の生姜は「ジンゲロール」と言う成分が多く含まれているため、熱を放出する働きがあり、かえって体を冷やすことにつながります。

生姜が体を温めるのは、生姜を加熱したり乾燥させたりすると出る成分「ショウガオール」を摂取したときになります。

ショウガで身体を温めたい方は、「ショウガオール」たっぷりのサプリメントが向いています。

佐藤製薬 美健知箋ポリフェノール

サプリメントでめぐりを良くしたい

食事や生活習慣で「めぐり」を良くするのはちょっと難しいと言う人には、「サプリメント」があります。

巡りをよくするサプリメントの成分は大きく分けると2つ。

icon-rank04-01-.png みかん由来の「ヘスペリジン」
icon-rank04-02-.png 乾燥ショウガや高麗ニンジンなどの「生薬」

αG ヘスペリジン

お菓子で有名なグリコ(glico)が20年の歳月をかけて開発した「αG ヘスペリジン」です。

何だか、舌を噛みそうな名前ですが、これがとっても良いのです。

「αG へスぺリジン(アルファジー ヘスペリジン)」とは、みかんなどのかんきつ類に多く含まれるポリフェノールの1つです。

実よりも皮やスジやみかんの袋に多く含まれている成分で、「めぐり成分」とも呼ばれるほど、体を温める働きを持っています。

この成分はビタミンPとも呼ばれ、熟したオレンジ色のミカンより、まだ青いミカンに豊富に含まれています。

青いミカンは酸っぱくてとても食べられませんが、サプリメントなら「めぐり成分」を簡単に摂れますね。

ヘスペリジンの効果を裏付ける実験結果はこちら

αGヘスペリジンの摂り方

ヘスペリジンのサプリメントは、1粒でみかん30個分のヘスペリジンが摂取できます。1日1粒でOK。

ミカンを毎日30個食べ続けることは難しいですが、これなら毎日簡単にめぐり成分を摂ることができます。

昔から、冷えは万病の元と言われています。体のめぐりが悪く、すぐに疲れてしまうと言うことはありませんか?

赤ちゃんが欲しい人は、冷えが不妊症の原因になることも!妊活は温活からとも言われています。

乾燥ショウガ・高麗ニンジンなどの生薬

ユンケルでおなじみの佐藤製薬が開発した巡りをよくするサプリメントが「美健知箋(びけんちせん)」です。

こちらもまた覚えにくい名前ですね^^;

「美健知箋(びけんちせん)」の成分は、生姜、ポリフェノール、高麗ニンジンです。

言わずと知れた巡りに特化した成分ですね。

疲れた顔をしている、顔色が冴えない人には特におススメです。

どちらもポリフェノールたっぷり

グリコの「αGヘスペリジン」も佐藤製薬の「美健知箋(びけんちせん)」も、ポリフェノールがたっぷり。

ポリフェノールはアンチエイジングに効果的とも言われています。40代、50代の更年期世代こそ、不調を緩和するには体のめぐりをよくすること。

サプリメントは、大手有名企業が製造しているものを選んだ方が安心です。

みかん由来の「ヘスペリジン」か、生姜や高麗ニンジン由来の「美健知箋(びけんちせん)」か、まずは一か月試して様子を見ると良いですね。

体温が上がった!と言う方の口コミです。
・足のむくみが軽くなって足が細くなった
・フローリングの床なのに靴下を履かなくても平気になった
・足が冷えてなかなか寝付けなかったけど、スゥッと眠れるように
・夜中にトイレに起きることなく朝までぐっすり
・お肌の調子が良くなった
・寒がりではなくなった
・肩こりが楽になった

TOPPAGE  TOP