低体温には2種類ある

最近、低体温を気にして、体温を測る人が徐々に増えています。

 

しかし、まだまだ自分が低体温だと気づいてない人もかなりいるんですね。

 

現在、平均体温は、36.5度から37度位が理想で、これくらいの体温が健康を保つのにちょうど良い言われています。

 

しかし、最近では、36.5度以下、または、35度台の低体温の人が非常に増えています。

 

医学的には、核心温度が35度未満の人を低体温と言い、ここまでくると、様々な障害が現れ、これ以下になると、生命の存続にもかかわります。

 

低体温は2種類ある

 

低体温と言われているなかにも、2種類あります。

 

1次性偶発低体温症と、2次性低体温症です。

1次性低体温

1次性低体温症は、低温の中に体を置くことで体温が下がってしまう状態のことです。

 

例えば、冬山で遭難したり、氷の海などに長くいることで、体温を奪われ、低体温になってしまうことですね。

2次性低体温

2次性低体温症は、疾患や生活習慣などが原因で、体温が常に35度台であると言うことです。

 

この場合、温かい部屋にいても、低体温は変わりません。

 

この場合の低体温は、免疫力や抵抗力が低下し、代謝機能が下がり、体脂肪が燃えにくい体になっています。

 

冷えによる膀胱炎などは、免疫力低下の典型的な疾病ですね。

 

現代人は、便利な生活を送れるようになりました。冷暖房により、自分で体温を調節することもなくなってきています。

 

そんな快適な生活の中で、運動不足の状態が続くと、筋肉が落ち、熱エネルギーを作り出す働きが悪くなります。

 

こんな状態の生活が続けば、だんだんと体温が下がり、低体温症と言われる状態になってしまいますね。

 

普通、多くの人は、熱が出ると体温を測り、病気の治療をしますが、普段は体温を測ることはめったにありません。

 

気づかないうちに、低体温になっている可能性もありますので、普段から体温を測り、健康状態を把握しておくことも大切です。

体内を温め「巡り力」を高めるサプリメント