自覚症状のない「低体温」と「冷え」の違い

冷えは、体の表面が冷たくなるので、自覚症状があります。

 

しかし、低体温は、体の中の温度が下がるので、自覚症状がありません。

 

冷えと低体温の大きな違いがここですね。

 

色々な病気になって、初めて低体温を意識する人が多いのもこの理由です。

 

自覚症状のない低体温の人は、冷えからくる不定愁訴や元気が出ない、顔色が悪い、肌荒れしているなどの悩みを抱えている人が多いです。

 

健康な人の平熱は36.5度〜37度ですが、低体温の人の平熱は35度台と言われています。

低体温の人は代謝が悪く免疫力が低下している

低体温の人は、基礎代謝が悪く、免疫力や抵抗力が低下し、体に悪影響を及ぼしています。

 

低体温は、体の中の「冷え」ですので、たとえ手足が冷えていなくても、体は強く冷えを感じています。

 

血行が悪くなり、肩凝り、頭痛、肌荒れ、生理不順、便秘、むくみ、アレルギーなど色々な不定愁訴が現れます。

 

これらの症状は、いくら検査をしてもこれと言った病気が見つからないのが特徴です。

花粉症も低体温が影響?

花粉症も、低体温が影響していると言う説があります。

 

花粉症には諸説ありますが、現代人特有の疾病ですね。

 

  • 家庭で家畜に触れなくなったから
  • 清潔にしすぎたことの弊害
  • 昔の人より平熱が下がり免疫力が落ちているから
  • などと言われています。

     

    確かに、昔の人の平熱は36.9度、現代人の平熱は36.2℃。0.7度も低くなっていますから、当たっているかもしれません。

     

    体温は1度さがるだけで、代謝が12%、抵抗力、免疫力は37%も落ちてしまうそうです。

     

    単純に計算しただけでも、現代人は昔の人に比べると、代謝が8.4%、抵抗力・免疫力が26%落ちていることになります。

    妊娠したい人は低体温に注意

    特に妊娠したい人は、要注意です。低体温が原因で、卵巣機能が低下し、妊娠しにくい体質になっている方もいます。

     

    体の中心が冷えていると、手足が火照って頬が赤く、目の下にクマができたりする場合があります。

     

    また、低体温は、生理不順や不正出血を起こす可能性もあります。

     

    自分の体温を計ってみて、35度台であれば、早めに改善することをおススメします。

     

    対策として、食事や睡眠などの生活を見直す他、岩盤浴、ヨモギ蒸し、腹巻、巡りを良くするサプリメントなどがあります。

    体内を温め「巡り力」を高めるサプリメント