低体温とタバコの関係

最近は、レストランや公共施設など全面禁煙の所が増えて、喫煙者はますます肩身が狭い思いをしているのではないでしょうか。

 

昔からタバコは「百害あって一利なし」と言われ続けていますが、なかなか禁煙できない人もいますね。

 

タバコと冷え性の関係

 

喫煙は、肺がんになる大きな要因のひとつですが、じつは、体温を下げる原因にもなっています。

 

タバコを吸っている方で、冷え症の方は、体温を上げるためにも、禁煙しましょう。

 

今は、禁煙をサポートするための電子タバコや離煙パイプなど様々な支援グッズがあるので、それらを上手に利用すると良いですね。

 

なぜタバコを吸うと冷え性につながるの?

タバコを吸うことで、毛細血管が収縮して血行が滞り、血液の循環が悪くなり、結果体を冷やしてしまいます。

 

タバコの成分であるニコチンにより、交感神経が活発になります。

 

交感神経は、血管を収縮させ、体を活発にする働きがあります。

 

また、心拍数を増やし、筋肉を緊張させる働きがありますが、これが長く続くとストレスの原因となります。

 

ストレスは、冷えを招くことが知られています。

 

また、タバコは、心筋梗塞や狭心症などの心臓疾患につながる病気の危険性も高まります。

 

動脈硬化を促進させ、血液をドロドロの状態にもさせる怖い作用があります。

 

喫煙により、一酸化炭素を取り入れることで、体内の酸素が欠乏してしまい、細胞の代謝機能が低下します。

 

このように、百害あって一利なしのタバコですから、体温を気にする人は、禁煙しましょう。

 

また、怖いことに、タバコの副流煙は、タバコを吸わない人にまで健康被害を及ぼします。

 

ベランダや換気扇の下でタバコを吸ったとしても、実は、煙は、部屋の中に流れて来ているのです。

 

愛する家族のためにも、禁煙に挑戦してみてはいかがでしょう。

体内を温め「巡り力」を高めるサプリメント