セックスをした後、膀胱炎になる女性は内臓体温が低い?

セックスをした後、膀胱炎の症状に苦しむ女性が非常に多く、新婚病とも言われています。

 

これは、セックスの時に、尿道に細菌が入り、細菌性の膀胱炎になる場合と、陰部に刺激を受けることで、尿道も刺激されて膀胱炎の様な症状が起こる場合と両方あるようです。

 

細菌性膀胱炎の場合、女性は、男性より尿道が短いためどうしても、細菌が膀胱に入りやすいのですね。

 

不潔の状況でセックスすることは、膣炎にも膀胱炎にもなる可能性がありますので、女性も男性も清潔な状態でセックスをしましょう。

 

清潔な環境でのセックスをしても、疲れがたまっていたり、体が冷えていたりするとすぐに膀胱炎になる方がとても増えています。

 

これは、内臓の体温が低い方に多く、内臓の体温が低いと抵抗力が落ちるからです。

 

冷えは、抵抗力を極端に下げますので、冷えている女性は、膀胱炎を繰り返す訳です。

 

現代の女性は、内臓体温が低い人が多く、よって、セックスの後の膀胱炎で辛い思いをしている人が多いのですね。

 

内臓から体温を上げて、セックスの後に膀胱炎を起こさないように予防したいですね。

体内を温め「巡り力」を高めるサプリメント