体温の低い冷え症には、漢方が効く

冷え症にも、二通りあるようです。

 

体温が高いのに冷えるタイプ、また体温が下がって冷えるタイプ。

 

体温が低く、冷えるタイプ方には、体温を上げる効果のある漢方が良いようです。

 

冷えの原因は人それぞれで、体質によっても対策が違ってきます。

 

漢方は、冷えの状態や状況、体質によって、色々な種類の漢方薬を適宜に調合できるので、無理なく自然に体温を上げることができるようです。

冷え対策の漢方薬の名称

お腹が冷えるだけでなく、手足も冷たく、疲れやすく、トイレが近いなら八味地黄丸(ハチミジオウガン)が効きます。

 

血行を促進して、腎臓機能を強化し、虚弱体質を改善します。

 

人参湯(ニンジントウ)は、お腹や手足の冷えのほか、食欲不振や下痢など胃腸の調子も整える漢方です。

 

消化器が温まることで、消化吸収がよくなり体温を上げます。痩せ形の冷え症の方に向いています。

 

女性ホルモンのバランスが崩れることで起こる冷えには、当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)が向いています。

 

更年期障害、生理不順や不妊症など、女性特有の悩みに効きます。体温を上げるためにも、使われる漢方です。

 

冷えが原因の関節痛、腰痛、生理痛などには五積散(ゴシャクサン)が良いです。冷えるとあちこち痛くなる人は、試してみましょう。

 

同じ冷えでも、症状が出るところは、人によって様々です。

 

自分の症状と体質にあった漢方を選んでくださいね。

体内を温め「巡り力」を高めるサプリメント