体内を温め「巡り力」を高めるサプリメント

冷えがもたらす病気やトラブル記事一覧

体温が下がると、色々な病気の発病リスクが高くなります。がんも例外ではなく、低体温はがんの罹患リスクを高めることが分かっています。体温が下がると、免疫力も下がります。癌の発生は、色々な原因がありますが、不規則な生活や加齢などから、免疫力が低下したとき、発生しやすくなります。免疫力以外にも、体温が下がると代謝や排泄機能が低下し傷ついた細胞が癌化すると考えられます。癌患者さんの中には、冷え症の方も少なく...

女性の性器が体内にあり、男性の性器は体外にある。これは、とても理にかなった造りなんですね。「男性の生殖器は熱に弱く、温めすぎると子供ができにくくなり、女性の生殖器は冷えに弱く、冷えすぎると子供ができにくくなる。」昔の人が良く言っていた言葉です。だから、冷やしても良いように男性の生殖器は外に出ていて、冷やしてはいけない女性の生殖器は体の中にあるのだと。なるほど〜私も、10代の頃、母から「そんなに薄着...

冷えからくる辛い膀胱炎。冷えるたびに、何度となく繰り返します。こうなると、トイレに行くのが憂鬱で気分まで塞ぎがちになりますね。冷えるとおしっこが近くなる。冷えと膀胱の関係は、非常に密接です。つまり、膀胱炎と冷えは、切っても切れない仲なんです。原因の分からない繰り返す膀胱炎は、まず、内臓を温めることから始めてみてはいかがでしょう。

なんとなく疲れやすい、だるい、いつも調子悪い、肩こりや頭痛、下痢・便秘などを起こしやすいのなら、それは、隠れ冷え症が原因かも知れません。また原因の分からない膀胱炎を繰り返す人も隠れ冷え症の可能性もあります。体温は、平均的でも、体の奥が冷えていることで、トラブルが起こる場合があります。体温を上げる努力をしたら、症状が改善したという事も少なくありません。隠れ冷え症では、肌や胃腸のトラブルを起こしやすい...

免疫力低下、抵抗力低下が病気を引き起こすのは、もう、周知の事実ですね。膀胱炎から癌まで、大きな原因は免疫力の低下です。体に侵入した細菌やウイルスを撃退するのが白血球です。白血球は、顆粒球とリンパ球とマクロファージから成り立っています。低体温の人は、白血球の中のリンパ球が少ないので、細菌やウイルスから体を守る力が弱く、病気にかかりやすいのですね。膀胱炎もしかりです。

冷えに悩む女性は、とても多いですね。女性は、生理や妊娠で女性ホルモンが乱れると様々なトラブルが起きます。不妊、生理不順、重い生理痛、頭痛と言った症状もそうですが、冷えもその一つです。女性の肌荒れは、冷えが原因の場合があると言われています。冷えは、血液の循環を悪くし、血行不良になることで、肌荒れを招きます。体を温めて、血行を良くすることは、美容にも役立ち、シミやシワ、くすみの予防にも効果的です。冷え...

全身麻酔による手術をしたことがある人は分かると思いますが、麻酔から目が覚めるととても寒く感じます。私は、数年前全身麻酔の手術をしましたが、病室に戻ってきたときは血の気がなく(出血したわけではありません)、真っ白い肌をしていたようです。また、麻酔から覚めた後の寒気がひどく、電気毛布を入れても悪寒が止まらず辛い思いをしました。先日、母が膝の手術をしたときも、麻酔から覚めるとき寒くてたまらないと言ってい...