高体温は癌や病気を予防する働きがある

体温が下がると、色々な病気の発病リスクが高くなります。

 

がんも例外ではなく、低体温はがんの罹患リスクを高めることが分かっています。

 

体温が下がると、免疫力も下がります。

 

癌の発生は、色々な原因がありますが、不規則な生活や加齢などから、免疫力が低下したとき、発生しやすくなります。

 

免疫力以外にも、体温が下がると代謝や排泄機能が低下し傷ついた細胞が癌化すると考えられます。

 

癌患者さんの中には、冷え症の方も少なくありません。

 

ガンが発生しやすい体温は35℃

癌が発生しやすい体温は35℃と言われています。

 

低体温に悩む人のほとんどは、体温が35℃台の方が、多いですね。

 

癌は、高熱に弱いことが分かっています。

 

40℃の高熱を出した癌患者さんが、発熱後に癌細胞が死滅していたという驚くべく事例もあります。

 

つまり、体温を上げることは、癌の予防のひとつと言えます。

 

少しでも癌になるリスクを減らすために体温を上げましょう。

体内を温め「巡り力」を高めるサプリメント