低体温が引き起こす病気 膀胱炎から癌まで

免疫力低下、抵抗力低下が病気を引き起こすのは、もう、周知の事実ですね。

 

膀胱炎から癌まで、大きな原因は免疫力の低下です。

 

体に侵入した細菌やウイルスを撃退するのが白血球です。

 

白血球は、顆粒球とリンパ球とマクロファージから成り立っています。

 

低体温の人は、白血球の中のリンパ球が少ないので、細菌やウイルスから体を守る力が弱く、病気にかかりやすいのですね。

 

膀胱炎もしかりです。

 

低体温はアレルギー疾患になりやすい

アレルギー疾患にもかかりやすいのが、低体温の人の特徴です。

 

低体温は、また自律神経を乱します。強いストレスを感じるのも、自律神経が影響しているとも言われています。

 

自律神経が乱れると、様々な不定愁訴を引き起こします。

 

また、低体温の人は、血行が悪いので、頭痛や肩コリ、腰痛など、痛みにも悩まされます。

 

その他、内臓が冷えていると、消化能力も低下し、せっかく良い食事を心がけたり、良いサプリメントを飲んでも、栄養や効果が行きわたらず、老廃物が溜まり、肌荒れの原因にもなります。

 

低体温が引き起こす病気で一番怖いのは、癌です。

 

体温が35度以下になると、癌細胞が活発に動き出し増殖を始めます。

 

そこに普段から低体温状態が続いていて免疫力が低下していると、ますます癌の発症、増殖しやすい体になってしまいます。

 

体温を上げる方法は、食事や生活習慣などが基本ですが、すぐに効果を期待する方は、岩盤浴などの遠赤外線で体の芯から温めてしまうのが、一番簡単な方法です。

体内を温め「巡り力」を高めるサプリメント