低体温は、女性ホルモンを乱し、肌荒れを起こします

冷えに悩む女性は、とても多いですね。

 

女性は、生理や妊娠で女性ホルモンが乱れると様々なトラブルが起きます。

 

不妊、生理不順、重い生理痛、頭痛と言った症状もそうですが、冷えもその一つです。

 

女性の肌荒れは、冷えが原因の場合があると言われています。

 

冷えは、血液の循環を悪くし、血行不良になることで、肌荒れを招きます。

 

体を温めて、血行を良くすることは、美容にも役立ち、シミやシワ、くすみの予防にも効果的です。

 

冷え症の方は、更年期障害が重くなる傾向があり、若いうちから改善しておきましょう。

 

また、低体温や冷えは、不妊の原因の一つとも言われています。

冷えが不妊をまねく原因

妊娠をするための準備として、子宮や卵巣には、養分を溜め込むのに大量の血液が送り込まれるようになっています。

 

体が冷えた状態ですと、この機能が充分に働かず、不妊を招いたりします。

 

簡単な予防法は、規則正しい生活と体温を上げる食事、軽い運動も効果的です。

 

また、若い女性の冷えは、肩やお腹、太ももなどを露出するファッションも影響しています。

 

寒い時期や冷房などで冷えるときに、我慢は禁物です。

 

オシャレなショールなどで、肌を冷やさない対策をすると良いですね。

体内を温め「巡り力」を高めるサプリメント