膀胱炎を繰り返すうちに、重大な病気に発展する可能性もありますので、油断はできません。

 

膀胱と腎臓は、密接な関係ですので、膀胱炎を繰り返すうちに、腎臓までやられてしまうと言う可能性はあります。

 

と言っても、細菌性の場合がほとんどで、原因の分からない膀胱炎や心因性の膀胱炎では、腎不全になる可能性は低いです。

 

ただ、トイレに行くのが非常に不快でおしっこをするのが怖くなり、気分も落ち込みますね。

 

おしっこが近い、残尿感、排泄痛、膀胱が痛いとくれば、もうトイレが嫌になります。

 

膀胱は、弾力性のあるゴムまりのようなものです。

 

無理におしっこを絞り出したりしていると、骨盤底筋が弱くなり、加齢とともに尿漏れや、ひどい時は、骨盤底筋の緩みから性器脱にもなりかねません。

 

性器脱とは、骨盤底筋が弱ったことで、体の外に、子宮などが飛び出してしまうことです。

 

普段から、無理やりおしっこを搾り出す行為を繰り返すことは、骨盤底筋の事を考えると、避けたいものです。

 

このような観点から、あまりに繰り返す膀胱炎は早い対処が必要になってきます。

 

病院に行っても原因の分からない繰り返す膀胱炎は、内臓を温め体温を上げて、体質を変えてみてはいかがでしょう。

体内を温め「巡り力」を高めるサプリメント