体内を温め「巡り力」を高めるサプリメント

体温を上げる生活記事一覧

体温を上げる方法には、色々あります。その中の一つに、冷点刺激があります。これは、体の持っている機能を有効に利用する方法で、冷たさを感じる冷点を刺激して、冷えから体を守ろうと言う方法です。皮膚感覚には、触られてる感覚、痛みを感じる感覚、温かいと感じる感覚、圧迫されていると感じる感覚、そして、冷たいと感じる感覚があります。冷えは、冷点(クラウゼ小体)と呼ばれる部分で感じ取られます。この冷点を冷やすこと...

体温を上げることが最近のブームになっています。平熱は、37度が理想だと言う研究家もいます。体温を上げる健康法は、色々ありますが、そう簡単には行かないようですね。低体温になった原因は、生活習慣にも原因があり、睡眠時間も大きくかかわっています。

体温を手っ取り早く上げるには、運動が効果的です。体を動かすと、血行が良くなります。これは、筋肉が刺激されるからです。血行が良くなると、筋肉の中に溜まった老廃物や疲労物質も体外に排出され、冷えの解消につながります。また、同時に脂肪も燃焼されるので、運動は一石二鳥です。体温を上げるための運動は、簡単な運動で充分です。

体温を手軽に上げる方法が、入浴です。冬は寒さから、夏は冷房で、冷えて辛いときもお風呂に入ると体が温まり、ホッとします。お風呂は、外から簡単に体を温められますので、冷えた時は、お風呂で解消しましょう。より効果を得るためには、ユズ湯やヨモギ湯など、体を温める効果のある入浴剤を利用してみると良いですね。また、お風呂の温度も、40度位が適しています。ゆっくりと使って、体の芯から温まりましょう。体温をあげる...

体温を上げるには、食事や入浴のほか、体のツボを刺激しても効果が得られます。ツボを押すと、血液循環を活発にし、新陳代謝が良くなるとされています。代謝を良くするツボは、指間穴(しかんけつ)です。指間穴(しかんけつ)は、人差し指から小指の股にあるツボで、そこを刺激すると体がポカポカ温まってきます。他にも、手には虎口(ここう)と呼ばれるツボもあり、虎口を刺激すると体温を上げる効果が期待できます。人差し指と...

ヒートショックプロテイン入浴法で、加温生活を始めましょう。冷えは、癌をも招くと言われていますが、体が冷えていても、なかなか解消出来ない人が多いようです。実は、体が冷えていると細胞が傷ついた時、非常に治りにくいとされています。代謝が悪くなるのも一因です。この体にできた傷を直す物質は、タンパク質・ヒートショックプロテインです。つまり、たんぱく質の一種であるヒートショックプロテインを増やせば、傷が治りや...

「体温を上げると病気が治る」の書籍は、大ヒットしました。スパモクと言う番組では、「大ヒットのアノ本!試してみます」と題して、宮崎美子さんが「体温を上げると病気が治る」を実践してみました。まずは、実践するまえの宮崎美子さんの体温は、35.9度。現在、平熱が35度台の人が多いですね。これは完全に低体温です。この本の通りに実践してはたして体温があがるのか?とても興味深い内容でした。実践したのは、食事編と...

寒がりの方にとってつらい冬になりました。手足が冷たいことを冷え性だと思っている人が多いですが、冷え性には、大きく分けて3タイプあります。冷え性の種類冷え性には、・四肢末端型・下半身型・内臓型があります。四肢末端型冷え性は、手足が冷えるタイプで主に10〜30代のやせ形の女性に多いです。下半身型冷え性は、加齢によりお尻の筋肉が固まり下半身に血流が行かなくなり下半身が冷えます。内臓型冷え性は、年齢を問わ...