手のひらを冷やして体温を上げる冷点刺激法

体温を上げる方法には、色々あります。

 

その中の一つに、冷点刺激があります。

 

これは、体の持っている機能を有効に利用する方法で、冷たさを感じる冷点を刺激して、冷えから体を守ろうと言う方法です。

 

皮膚感覚には、触られてる感覚、痛みを感じる感覚、温かいと感じる感覚、圧迫されていると感じる感覚、そして、冷たいと感じる感覚があります。

 

冷えは、冷点(クラウゼ小体)と呼ばれる部分で感じ取られます。

 

この冷点を冷やすことで、脳が体温をあげるべく作用すると言う体内機能を利用して、体温を上昇させます。

 

やり方は、簡単です。冷点が多く集まる手のひらを冷やすことです。

 

冷え対策は手のひらを冷やす

 

冷却材(アイスノンなど)や冷水で手の平を冷やします。

 

すると、体温を上げる機能が働き、だんだんと体が温かくなってくるのを感じることができると思います。

 

ただ、長く冷やし過ぎたり、冷たくなり過ぎると、冷やした手に負担がかかりますので、何かしらの異常を感じたら、すぐに中止しましょう。

 

この方法は、熱を生みだす褐色脂肪細胞に刺激を与え、活性化させることで、体温を上げるしくみです。

 

手のひらには、冷点がたくさんあり、多くの褐色脂肪細胞が刺激されることで体温の上昇が期待されます。

 

また、冷却刺激法を行った後、平泳ぎをするように腕を回しながら、首を上下に動かし、15秒経ったら、お湯で温めることを数回繰り返すと、血の廻りが良くなり、体温が上がります。

 

体温を上げたいときに、試してみるといいですね。

体内を温め「巡り力」を高めるサプリメント