体温を上げる入浴方法と温冷浴

体温を手軽に上げる方法が、入浴です。

 

入浴で低体温解消

 

冬は寒さから、夏は冷房で、冷えて辛いときもお風呂に入ると体が温まり、ホッとします。

 

お風呂は、外から簡単に体を温められますので、冷えた時は、お風呂で解消しましょう。

 

より効果を得るためには、ユズ湯やヨモギ湯など、体を温める効果のある入浴剤を利用してみると良いですね。

 

入浴剤

 

また、お風呂の温度も、40度位が適しています。

 

ゆっくりと使って、体の芯から温まりましょう。

 

体温をあげるには、褐色脂肪細胞を活性化させると良いと言われています。

褐色細胞を活性化させる温冷浴

褐色脂肪細胞とは、体温を上げる作用のある細胞で、エネルギーを熱に変える働きがあり、この細胞が活発な人は太りにくいとされています。

 

褐色脂肪細胞は熱を発散させて、体を冷えないようにするため、冷え症改にはこの細胞を活性化させることが有効です。

 

この活性化させる方法ですが、体を冷やせばよいとされています。

 

冷えを解消するために、体を冷やすのは、返って逆効果では?と思いますが、冷やすことで、細胞が反応し、熱を作りださねばと働き始めます。

 

お風呂で冷水をかぶると、湯ざめしにくくなると言うのは、この作用を利用したものです。

 

首筋や肩甲骨やわきの下、また腎臓の回りを冷やすと細胞が活発になり、体温を上げることができます。

 

このような観点から、体を温めるには、温冷浴が効果があるとされています。

家庭での温冷浴のやり方

温冷浴とは、温水と冷水を繰り返す入浴方法です。

 

正式には、温かい湯船と冷たい湯船に交互に繰り返し浸かりますが、水風呂のある家庭は少ないので、冷水は桶やシャワーで代用します。
冷水が苦手な人は、ぬるま湯から始めると良いですね。

 

また、温冷浴は、疲労回復、アトピーや喘息の改善にも効果があるとされています。

 

健康のためにも、温冷浴を一度試してみませんか。

体内を温め「巡り力」を高めるサプリメント