体温を上げて免疫力を高める眠り方、理想の睡眠時間

体温を上げることが最近のブームになっています。

 

平熱は、37度が理想だと言う研究家もいます。

 

体温を上げる健康法は、色々ありますが、そう簡単には行かないようですね。

 

低体温になった原因は、生活習慣にも原因があり、睡眠時間も大きくかかわっています。

 

睡眠時間と平熱の関係

睡眠だけで理想の体温に近づける

睡眠で理想体温37.0度に近付けることも可能です。

 

寝るだけダイエットや、寝不足がシミやそばかすを作るなどと聞くと、睡眠がいかに健康と関わっているか分かりますね。

 

脳の力を最大限に引き出す睡眠時間は7時間38分だそうです。

 

睡眠不足の方は、脳が働かなくなる傾向にあるようです。

 

脳を活性化させるには、質の良い睡眠をたっぷりと取ることです。

 

先日テレビ番組でも低体温のことが特集されていましたが、50年前の日本人の平均体温は、36.9度。現在は、36.2度だそうで、7分も下がっています。

 

これも、現代人が50年前の人と比べて睡眠時間が減少していることも一因だ言われています。

 

睡眠不足を解消すると、平熱が上がるかもしれませんね。

体内を温め「巡り力」を高めるサプリメント